2015年10月10日土曜日

【画像】インドで出会った男性・女性バックパッカーのバックパック

インドに来る前、バックパックの大きさで悩んだので、あなたの参考になればと思い、出会った日本人男性・女性バックパッカーのバックパックの写真を撮らせてもらいました。

結論から言うと驚く程人それぞれです。

■デリー サンタナロッジの20代男性A
彼はインドでダンスを武器に地元インド人とイベントとかやってるみたいで、インドに住んでいたこともあるようです。

そんな彼が使っていたのはこのような大きめのリュックサック。気軽でいいですね。 どれくらいの期間旅するか聞き忘れたのですが、荷物は少なくても問題ないとのことです。


■デリー サンタナロッジの20代男性B
もう1人同じ部屋になったのはAmerican航空でパイロットをしているという自衛隊あがりの彼。彼はインドを一カ月旅すると言っていました。

彼が使ているのは写真の下の方に写っているコロコロつきのキャリーバッグ。インドって道路悪いから歩きにくくない?と聞くと、全然困ったことはないとのことでした。

まさかキャリーバックでインドを旅する人がいるとは思いませんでしたが、できるみたいですよ。実際やってみると、キャリーバックをコロコロするのは移動中だけなので、あまり困らないんでしょうね。


■自分
mont-bell(モンベル)のチャチャパック45です。しっかりとした背中あてがついていて、背負って歩きやすい。

新宿で7件の登山用品店を回って買った一品です。他の方のブログでも評価が高いです。




■バラナシ ゴールデンロッジの20代女性2人組 
MILLET(ミレー)のSAAS FEE 40+5をおそろで使っていました。名古屋近辺に住む彼女たちは、これをアウトレットで買ったって言ってましたね。





なんとなくインドへ個人旅行=バックパックって思ってましたけど、いろんなスタイルでみなさん来ています。大きなリュックサックでもいいし、キャリーバックでもいい。ちゃんとしたバックパックって最低でも1万5000円はしますので、家にある旅行カバンでも十分ですね。

そうそう、バラナシ→アーグラの電車の中で一緒になった20代のアメリカ国籍の女性旅行者は、4人とも45L以上のバックパックでした。やっぱりバックパッカー気分を楽しむなら45L以上のバックパックで決まりです!

こちらもどうぞ
>> 【バックパッカー御用達】主要バックパックメーカーの拠点国や主力商品(45L,60L)まとめ

0 件のコメント:

コメントを投稿

 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...