2009年12月19日土曜日

ミラノ → ニース マルセイユ アヴィニョン の移動

Milano Centre駅の自動券売機で、Avignion行きを買おうとしても、買えませんでした。
だから、窓口へ行って、「Avignionまで」って言うと、国境のVentimiglia駅で乗り換えろと言われた。
鈍行(安いやつ)のVentimiglia行きは夜中の20.30発しかなかった。
Ventimigliaへは、翌日の01.30ぐらいに着いたから、駅構内で5時間ほど寝た。
他にも寝てる人がいたから、寝てもよさそうだったし、不穏な雰囲気はなかった。
ポリスが巡回してきて、パスポートチェックを受けた。
近くにいた中国系の2人組みは逃げていった。不法移民なのだろうか。
美味しいピザというイタリアの明るい面と、不法移民という闇のイタリアが僕の目の前を交錯した。

翌朝、鈍行でニース駅まで行った。途中、モナコ公国のMonte Carlo駅など通り過ぎる。
青い海と白い建物がよく映える。
こんな所に住んでみたいものだ。
でもちょっと待てよ。不法移民はただでこんな所に住めるではないか。悪くはないな、やつらも。
ニースまでは15分程度にもかかわらず、6ユーロもした。
きゃーーーー。フランスに入ったとたん、電車代が高くなってる!!!

ニース駅の窓口で、アヴィニョン駅まで行ける?と聞いたら、「行ける。」
でも、TGVで47ユーロぐらいって言われた・・・。
高い・・・。イタリアなら20ユーロもしないはずの距離だった。
僕は長距離バスもあるはずだと思って、駅外のすぐ左にあるiへ行った。
すると、すごーく丁寧に、アヴィニョンへの行き方を教えてくれた♪

ニースからは、マルセイユまで長距離バスで若者割引で21ユーロで行けた。
ニースのバスターミナルは、ニース駅から徒歩15分ぐらい、トラムだと5分のとこでした。
9.45発で13.45着だった。マルセイユからは14.08発で30分ぐらいでようやくアヴィニョン駅に着いた。
マルセイユ→アヴィニョン14ユーロだった。
マルセイユのバスターミナルと駅は接続していた。
ニースを8時ぐらいに出るバスに乗れていれば、アヴィニョンまでバスで行けたっぽかった。

とにかく、ニース駅横のiでいろいろ聞いてみて良かったということですね。

結論を言うと・・・
Milano centre 20.85 → Ventimiglia 01.24
Ventimiglia 06.31 → Nice Vill 07.30
Nice bus terminal 09.45 → マルセイユ bus terminal 13.45
マルセイユ station 14.08 → Avinyon centre 14.28
ですか。

0 件のコメント:

コメントを投稿

 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...