2009年10月21日水曜日

ホムス 安宿 ホテル・アル・ナセル

<安宿情報>
 歩き方掲載の、ホテル・アル・ナセルに泊まりました。
トリプルが値切って750SPでした。シングルは未確認です、すいません。
シャワー料金が別に加算されるという前代未聞の宿です。
水シャワー100SP、お湯シャワー150SPだったかな。

<旨いもん情報>
 20SPで特大サンドイッチが食べれるのは、宿前の小さな時計近くにバス停留所があります。
そのすぐ近くにサンドイッチ屋がありました。お客さんも沢山いました。
シリア人は良い人ばかりで気持ちが良いですね!

<観光情報>
 宿のおやじが世界遺産・クラックデシバリエの行きかたを丁寧に教えてくれました。
宿前から1番のバスでバスターミナルへ行き、その後セルビス(1時間・50SP)でした。
シバリエは5時頃閉まり、その頃城の入場口前に帰りのセルビス(1時間・50SP)が待ってました。

<移動情報>
 ホムスから、レバノンのトリポリまでバスで行きました。
ホムスのバスターミナルから、トリポリ行きセルビスが頻発してる模様です。
セルビスは1時間半ほどで国境に着いた。代金は500SPだった。
国境前に小さな駄菓子屋みたいなとこで出国税600SPを払った。計1100SPだった。
レバノンビザは無料で1ヶ月のものがとれた。特に何も言わず、流れに身を任せるだけだった。
国境からさらに1時間ぐらいでトリポリに着いたよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...