2009年7月21日火曜日

ムンバイ 安宿 Salvation Army's Red Shield Hostel

ムンバイには安宿がほとんどない。

唯一あるのが、この、Salvation Army's Red Shield Hostelであります。
ドミ200RSで朝食つき、ネットあるけど日本語不可(1h30RS)、お湯なし。
ただ、立地がすごくよくて、タージマハルホテルの真裏にあります。
チャトラパティ・シヴァジ・テルミナス駅からは、駅前のバス停から「タージマハルホテル」と言えば、
すぐに教えてくれます。10RSで行けて、5分もかかりません。
降りて人にタージマハルホテルを聞けば教えてくれるので、そっから5分ほど歩いて
タージマハルホテルを見つけて、その裏手を探せば、見つかります。

世界遺産のELEFANTA CAVES(エレファンタ石窟群)の行き方は、
タージマハルホテル前に船乗り場があります。往復120RSでした。
ただし僕の行った7月下旬はモンスーンシーズンで、
海が荒れてて、3日間待ちました。月曜日は石窟自体が休みです。
石窟は2時間で十分見れました。

ムンバイはむっちゃくちゃおもろーです!

ゴア 安宿 MIRAMAR YOUTH HOSTEL

 ゴアに着いたのは、夜6時だった。
そっからの宿探しは大変でした。でも、安い宿がなんとか見つかった。

 MIRAMAR YOUTH HOSTELは、PANAJIのバスターミナルから、
MIRAMAR行きのバスに乗って10分ぐらいのところにある。バス代5RS
MIRAMARのバス停を降りると、YOUTH HOSTELの看板が出ていた。
MARIOTTO HOTELのすぐ目の前なので、マリオットホテルを探した方がいいかも。
ドミが60RS、お湯なし、ネットなし、ファンのみ、男女別だった。

 そっから、世界遺産の教会・修道院があるOLD GOA地区へは、PANAJIのバスターミナルから、
OLG GOA行き又はPONDA行きのバスに乗って、10分ぐらいのとこにある。わずか7RS

 また、ムンバイへは、バスがその辺の代理店だと300RS。
OLD GOA近くにある、KARMALI 駅からは寝台車が280RSです。
0112番、KONKAN KANYA EXPが17:22→翌朝05:55着など。

2009年7月16日木曜日

Badami Patadkal 安宿 M/S Hotel Anand Deluxe 

 世界遺産パッタダカルの建造物群は、BADAMIという町から行きます。
パッタダカルには宿がありません。BADAMIから毎時バスが出ていて、20分ぐらいで着きます。
たしか14RSで。

 BADAMIにはバス停近くに3件か大きなホテルがありました。
一番安かったのが、バス停すぐ横のM/S Hotel Anand Deluxeでした。
シングルが150RSで、お湯・ネットなし。部屋だけって感じでした。
他のホテルはお湯とか使えそうでした。

 パッタダカル行きは、朝の7:15、7:45、8:00、9:45があるらしかったです。
パッタダカルの建造物群は、3時間あれば見終わると思いますので、早めに見物終えて、
午後はバダミの遺跡とか山とかを見物するのが良いと思いました。
バダミの山から見下ろした町とか景観とかは、かなり見る価値ありました。
パッタダカルの入場料は250RSでした。
バダミは洞窟に入れば100RSです。登山だけは無料で登れました。
バダミの登山口は、町から山方面に歩けばあると思います。

 BADAMIのバス停からゴアのPANAJIまでは直通バスが出ていました。192RSでした。
朝の6時と8時発で、10時間かけてゴアまで行きます。
それまでの景観がとても美しく、バスも悪くねぇなーって思わせてくれました。

2009年7月10日金曜日

ハンピ 安宿 HERRMANN'S G.H

ハンピへは、バンガロールから鉄道で行きました。
SLEEPER CLASS (寝台)が、144RSで乗れました。快適です。寝台おすすめ!!!
ハンピ駅はなく、最寄り駅はHOSPET駅です。
夜10時発、翌日7時着と12時着のがあった。前者は満員だったので、後者にした。
 HOSPET駅から、リキシャで20RS払い、HOSPETバスターミナルへ行った。 20RSは払いすぎ?近いし。
そっから15分に1本ぐらい、ハンピ行きのバスが出てまして、たった10RSです。約20分。

 ハンピには安宿がごろごろあります。行った時はシーズンオフ時だったので、安かったかも。
ダブルベッド、ファン、トイレシャワー付、お湯なし、ネットなしで、100RSでした。
場所はハンピのメインロードの片側の、日本語でメニュー書いてあるレストランの横をまーっすぐ
行って、紫色のVICKY G.Hの横にあるHERRMANN'S G.Hです。

 ハンピの観光は1日で回りきれました。
メインは村側と、村から離れた宮殿の2つに分かれています。
午前中に、村側の、すぐそばのVIRUPAKSHA TEMPLEと、お寺から反対側に歩いていってVittal Templeへ行きましょう。
午後に、宮殿へ自転車で行ってLotus Mahar と Elephant Stableって感じですか。
入場料VIRUPAKSHA TEMPLEが2RS(カメラ50RS)、↑の残りの3つの共通券250RSです。
自転車は30RSで借りれました!
夕方か朝に、村のお寺の反対側にあるMatanga Hillに行くのがお勧めです。絶景です!!!

 ハンピから、世界遺産パッタダカルへ向かうには、最寄のBADAMIという町へ行きます。
HOSPETバスターミナルから、114RSで午後1時発、夜6時着でした。

参考HP
http://safary.hp.infoseek.co.jp/hotel/india/kiran.html
http://hamanakadesignstudio.jp/x/modules/wordpress/index.php?p=166

夢の舞台 、インド

インドに来た。シンガポール発、バンガロール行き。
所要約4時間。到着は夜中の11時だった。

もし、人生に舞台があるとすれば、今、僕はまさに登っている、
バックパッカーにとって、インドは夢の舞台ではなかろうか。

インドは、その夢の舞台は、僕の期待に応えてくれた。
想像以上だ。
総べてが混沌なんだ。

もし、あなたの家が仏教だったとしよう。
隣の家は何教だろうか?
恐らく仏教だろう。
しかしここでは、あなたの家が仏教なら。
隣にはマリアの像が飾ってあって、、、
別の隣にはガネーシャが沢山立っている、、、
もう少し離れるとモスクがあって、、、
アッラーが響いてくる。
そんなとこです、インド。

すげぇ。

おもしれぇ。

むちゃくちゃ。

街を歩くだけで、圧倒されてしまった。

もちろん、町中の道、どろだらけ。牛、その変で寝ている。うんこ落ちてる。

東南アジアの感覚が全く通用しない。旅をゼロからやり直しだ。

こんな感覚、中国ぶりかな。中国より強烈だね。

むちゃくちゃなんだ。
いろんな人種がいて。いろんな文化があって。いろんな物がある。
でも、平和。

キリスト教とイスラム教が一緒に暮らしている、インド。
なぜ、アメリカとイラク、離れているのにケンカするか。

僕の中の、壁が少しずつ壊れていくのを感じる。
大袈裟に言えば、人生観が変わるってやつですか。
一気に変わるではないけど、、、
何かがおかしい気がする。

来てよかった。旅行。

人生に舞台があるとすれば、、、まさに今、立っている。

初めて、自分で選んだ道だった。

高校に行くのも、大学に行くのも、初めから決められていた道。
その後は、就職するらしかった。

ゼロベース思考。
もし今やってることが全部なくなったら、、、
もし自分が好きな道を選べるのなら、、、
今やってることをまたやろうとするだろうか?

僕はまた、インドに来ること。
またやろうとするだろう。

そんぐらい、インドって凄い気がしてます。。。

バンガロール 安宿 Bangalore Youth Hostel

バンガロールには、飛行機でついた。
なんと到着は夜の11時。
そっから、シャトルバスで125RSも払って、BANGALORE CITY駅へ着いた。
駅前にはHOTELやらLODGEが沢山あった。
でももう7割以上が締まっていた。
残りはあるけど、400RSぐらいだった。高いなーー

リキシャのおっちゃんに、200RSのとこを3件ぐらい回ってもらった。
フル、フル、外人拒否。
結果、駅前で野宿。
駅前には翌朝の電車待ちと思われる人が沢山寝てたから、近くで寝た。

朝8時、喧騒で目覚めた。
駅のすぐ向いにバス STATIONがある。
そっから、CONTONMENT カントンメント STATION行きのバスを探す。
聞けばすぐに教えてくれる。確か19番乗り場だったかな。

カントンメント駅近くで、バスの人が教えてくれた、ここだと。
降りて、MILLERS ROADはどこかと聞く。
その道を10分ぐらい歩くと、、、あった。
BANGALORE YOUTH HOSTEL
ドミトリー、100RS。中は涼しい。でも、ホットシャワーない。
寒くてシャワー浴びれない。。。
水、ただで飲める。ネットはない。

でも、バンガロールでは、安いと思う!近くにバス停もある。

いかが???

追記

YOUTH HOSTELの非会員は125RSです。
会員でも125RSだと言ってきますが、名刺には100RSとだと書いてある!
と言ってごねましょう!

ホテルからバンガロールシティー駅までは、
近くのモスクをもうちょい行ったとこにあるバス停から5RSでSHIVAJI NAGAR シバジナガルっていうバスターミナルまで行く。
そこの5か6番乗り場から MAJESTIC マジェスティック行きに乗る。10RSです。
マジェスティックのが駅前の中央バスターミナルですから。

2009年7月8日水曜日

シンガポール 安宿 BACKPACKER's cozy coner G.H

シンガポールの安宿と言えば、ここって決まってるみたいですね。
BACKPACKER's cozy coner G.H.
12$で、ネット使い放題、朝食(パン)つき、お湯あり。
文句ないと思われました!

そして最強の立地。
なんで都会の真ん中で安宿ができるの〜ってぐらいの利便性でした。
ラッフルズまでは徒歩7分。
マーライオンまでは徒歩20分。
近くに安食堂やら国立図書館やら、何でもあります。

場所は、モノレールのEW12 BUGIS 駅を降りて、すぐ目の前です。
マクド側の道を出た方にあります。

クアラルンプールからバスで来ると、LAVENDAR BUS TERMINALに来ます。
そっから歩くと15分くらいはかかってしまいます。
シンガポール、おもろいっすよ!!!

2009年7月6日月曜日

キャメロンハイランド 安宿 Father's G.H

 キャメロンハイランドは、マレーシアの軽井沢と言われている高原リゾートです。

 クアラルンプールからは、チャイナタウン近くのPudurayaバスターミナルから、24RMで5時間かけて行きました。
ゆったりシートのVIPバスは35RMでした。24RMのでも十分でしたよ。朝から夕方近くまでバスはあるみたいでした。

 ドミは有名なFather's G.Hにしました。一泊9RMでした。ホットシャワーあるけど、使い勝手はよくなかった。
エアコンは必要ありません。女の子もたくさん泊まっていましたので、安心&快適です。
インターネットは1時間3RMぐらいだったかな。WIFIも1日5RMで使い放題です。
ただし、行った日はたまたま予約していったので良かったですが、満室でしたから要予約ですね。
ネットから予約してください。返事は来なかったですけど、ちゃんとバス降り場まで迎えに来てくれました!

 キャメロンでは、1日88RMの1DAYツアーがあります。街中に代理店があるけど、どれもこのG.Hのツアーでした。
だから、このG.Hのカウンターで受付するのがいいかと思います。
内容は、ななななな・・なんと、1.ラフレシアをジャングルの奥地に見に行く。
2.BOH TEAの茶畑&工場を見に行く。
3.コケの森に行き、ウツボカズラを見に行く。
など、なかなか濃い内容です。1日3000円で、ラフレシア見れたらお得じゃないでしょうか???
多分自力でラフレシア見に行くのは難しいと思いました。

 ラフレシアー ラフレシアー、ああ ラフレシアー。

 KL行きのバスは、このG.HはVIPの35RMしかないですが、バス停まで行けば24RMのもありました。

ビエンチャン 安宿 南京虫

にやられました。

バンビエン 安宿

の予定。

ビエンチャン 安宿 Sabaidee G.H

の予定。

クアラルンプール 安宿 Backpackers Travellers Inn

 ペナンからクアラルンプールまでバスで行きました。23RMでした。

 クアラルンプールでは、バス降りて1分歩いたらチャイナタウンっていう安宿エリアです。
最初、どこかわからんから、タクシーにチャイナタウンどこ?って聞いたら、
「ベリーファー」とか言って、20RMで行くとか言いました。むっちゃ近いから、歩いてください。

 ロンプラでドミが何件か紹介されていたんで、4件ほど回りました。
ベストはBackpackers Travellers Innと思いました。
場所はSwiss Hotelの真横でした。聞いたらわかるように思います。
割りと綺麗で、1泊11RMで、温水あり、夜はエアコン、WIFIは1日5RMでした。
あっ、あと女部屋もありました。女子も安心して泊まれます。
ただ、夜には満室になることが多々あったので、日暮れ前には着きたいですね!
ドラゴンロッジは、もうドミやてないと言われました。
トラベラーズロッジは、10RMだったけど、あんまり綺麗やなかったし、陰湿だった。
他にも10RMのドミあったけど、泊まるだけなら問題なしって感じでした。

 KLでの見所はなんつっても、ペトロナスツインタワーです!!!
朝8時半から無料チケットを配りはじめます。しかし並ぶのは最低8時には並んでください。
特に土日はもっと早く並ばないと、なくなってしまいます。
1日にチケットは1500枚とか聞きました。チケットってのは、登らしてくれるチケットですよ。
でも都会が嫌いな人はいくことはないでしょう。
チャイナタウンから歩いたら20分ぐらいかかったように思います。
チャイナタウンのモノレールからKLCCまで1.6RMなんで、この方法が最善ないでしょーか。

マラッカ 安宿 CHENG HO G.H

 マラッカに着いたのは、7月の最初の土曜日だった。
その日は祭日らしく、ロンプラに載ってたドミは満室が多かった。
値段も12RM以上はした。

マラッカの安宿街は2つあるらしかった。
1つはチャイナタウンに、もう1つはカルフール前に。
以下全てドミ情報。

カルフール前には、15RMのドミが多かった。3件ぐらいあった。
そのうちのマラッカHOSTEL12RMだった。温水なし、ネットなし。
泊まるだけなら問題なし。

お勧めはチャイナタウンのCHENG HO G.Hであります。
14 Jalan Tukag Emas(Harmony St.) 75100 Melaka ;Tel 6-06-281-761
15RMとちょい高めですが、かなり清潔で、温水があり、無料でネットが使い放題です。
ネットいらないなら、近くのSama-Sama G.H12RMでした。綺麗です。

マラッカにバスで着いたら、17番の市バスに乗ります。
オランダ広場(噴水前)で降りて川を渡ればすぐにチャイナタウンです。
カルフールはそっから歩いて20分ぐらいです。

ちなみにカルフールは、日本と同じ100円ショップのダイソーがあって、品揃え豊富です。
最新のハリウッド映画とかが10RMぐらで見れます。
1500mlの水が1RMで買えます。お勧めです。

市内観光は徒歩で十分な気がしました。

 マラッカからシンガポールは、セントラルバスステーションから22RMでした。
朝8時から夜まで1時間置きに沢山ありました。

ペナン 安宿 75 Travellers Lodge

 ペナンはかなりおススメの街だ。
実際、定年後の日本人が一番多く移住してくるとこらしい。
彼らの多くはジョージタウンの北へ移っていくのだろう。

ジョージタウンは、大航海時代の臭いがぷんぷんして、歴史好きにはたまらんはず。
俺はたまらなかった。看板がかっこいいんだよね、チャイナタウンの。

安宿は、チャイナタウンにある。
ロンプラで10RM以下のドミは全て回ったが、OLIVE G.Hは満室だった。
その隣のドミは8RMだったかなぁ?でも、あんまり綺麗じゃなかった。。
そして3分ぐらい歩いて、75 Travellers Lodgeにたどり着いた。
ここは9RMで、温水は出ない。しかし近所のネカフェが毎日1時間無料で使える。
綺麗だ。外人の女子も泊まっていたし。おススメです。

 遠方に見える丸いでっかいビルがKOMTAてやつで、そこから島内各所へバスが出ていた。
ペナンHILLがおススメです。夜景がきれいでした。そして夕日も。
バス停の人に聞いたらどのバスか教えてくれます。バスはしょっちゅう出てて、2RMぐらい。
頂上まではケーブルカーで往復5RM以内で行けました。
 後は Batu Ferringi っていう、ビーチリゾートもありました。コムタからバスで2RM以内。
30分ぐらいかかりました。バスはしょっちゅう出ていました。
ただ、海は綺麗ではないので、日焼けしに行く程度ですかね。
ジェットスキーとか、マリンスポーツは豊富でしたねー。
 
 ペナンばんざーい!!!

ソンクラー 安宿 Songkhla G.H

 ソンクラーには世界遺産とかはない。でも、海はとても綺麗。
と言ってもサンゴ礁とかではないから、シュノーケルする必要はない。日焼けかな。

 ソンクラーへはHatYaiから市バスで30Bだった。時間にして15分ぐらい?
ソンラクーの安宿は、国立博物館の四方のあるので、バスの人に国立博物館までと言おう。
ロンプラの安宿を回って、安いといえる様な宿はSongkhla G.Hでした。
シングルで120Bでした。最初は150Bと言われたけど、2006年版のロンプラを見せて、
120Bって書いてるじゃねーかと言ったら、そうしてくれました。
温水なし、ネットなしでしたけど、部屋はとっても綺麗でした。石鹸、タオルとかも支給です。

その隣にアムステルダムG.Hがあるが、ちょい高そうだから避けた。
同じ通りに200Bぐらいのとこもあった。
とにかく国立博物館のすぐ裏です
観光客が少ない。

人魚ちゃんの像で有名なサラミビーチは徒歩15分でした。
海を目指して歩いてください。