2009年5月25日月曜日

プノンペン 安宿 Number9 Guest House

ノンペンと言えばキャピトルゲストハウスが有名ですね。
僕もそのつもりでいたのですが、バスから降りて客引きが、
3$!3$!と言ってたので、安いなあと思って、そこに連れていってもらいました。

そこは湖のすぐ近くで、10件ほどの安宿街が形成されていました。
近くにレンタサイクル、両替書、レストラン、ツアーて配当すべてありました。
というか、プノンペンに関しては安宿の心配はなさそうです。
街の至るところにいかにも安そうな、[GUEST HOUSE]の看板が沢山ありましたから。
バイタクに、[LAKE SIDE!!!]と言えば連れていってもらえると思います。

沢山宿があって、どれもシングル3$からありました。
僕は3つの宿を見て、水上コテージみたいで、2階に部屋がある、
[Number9 Guest House]というとこに決めました。

####プノンペンは自転車で攻めよう!!!####

プノンペンは自転車にぴったりなサイズです。
歩き回るには大きいし、バイクタクシーは金がかかる。
レンタサイクルは1日1$で、快適で爽快なプノンペンライフを約束してくれます。

プノンペンと言えば、キリングフィールドにも行きたいですけど、
自転車で行けます。片道約1時間の小旅行です。
真青な空と、牛が歩いている、カンボジアの現風景を楽しんでください。

あと、セントラルマーケットには、世界中のロンリープラネット最新版が、ななな、なんとたったの5$で売られていますから、ぜひ購入してみてください。
僕は[South East Asia on shoestring]を買いました!!!いぇーい!
ロンリープラネットは、最小の予算で、最高の旅行を提供してくれます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...