2015年10月25日日曜日

【画像】久美子ハウスの久美子さんの夫が偉大な画家だった件

今回バラナシで絶対に訪れたい場所があった。それは久美子ハウス。ここはバックパッカーにとって伝説の日本人宿である。僕は5年前バックパッカーだった時にここに泊まった。あの時は安さが全てみたいな感じで、ドミトリーでたいした空調もなく、季節的にも蒸し暑かったけど、伝説に宿に泊まれてうれしかった記憶がある。

ガンガーを遡上していくと「久美子の家」がある。階段を上ってすぐに入り口がある。宿泊するわけじゃないので、入り口の前で、入ろうか否か迷っていると、中からおじさんに手招きされた。

おじさんとは久美子さんのご主人であるこちらのひげもじゃの老人。風貌は5年前と変わらないが、2年前に目の手術をしたらしく、目が見えなくなったとのこと。僕は招かれるや否や軽く説教された。「日本からサムライは消えた」「成金になってサムライ魂がなくなっとる」的なことを言われた。宿泊するバックパッカーが減っていることを嘆いているのだろう。(この記事読んでるあなた、泊まってね)

説教が一息ついたところで、おじさんに久美子さんとどこで出会ったとかそういうのを聞いてみると、日本で出会ったらしい。その時の貴重な写真を見せてくれた。おじさん、目が見えないとか言ってたけどほんの少しは見えるらしい。

右下の方になんかおじさんが病院で寝ていて、久美子さんがそのそばに立っている。おじさんは日本で油絵を教えていたらしい。武蔵野美術大学、通称「むさび」、僕も聞いたことはある。久美子さんはそこでおじさんの生徒だったらしい。そこで出会ったらしい。

このファイルにはおじさんの思いでの写真とか新聞記事が貼り付けられていた。この記事はまだおじさんが留学生だったころの記事である。記事によると『武蔵野美術大学で油絵を学んでいるインドのサンテ・ランジャン・ゴンコウバアディアイさんが府中市の大久保さんに留学中にかいた油絵などを本にして贈った。サンテさんはゴヤのサルボドヤ大学で美学をを教えていたが、そこで新宿の北野組社長と知り合い、武蔵野美大に留学することになった』とのことである。

名刺には「サンテ」と書いてある。

話は忘れたけど、ネルー大統領が日本に来たときにもお会いしたんだとか。

一説によると久美子ハウスは韓国人ばっかりになったと聞いていたが、この日ドミトリーには泊まっている人は日本人1人とのことだった。久美子ハウスのすぐ横にこんな韓国人宿?みたいなのがあって、韓流ドラマに出て着そうな気持ち悪い韓国人の男の子が寝転んで漫画読んでいた。

久美子ハウスは久美子さんの息子さんが経営する新館が近くにできていて、日本人もそっちに移っているらしいが、まことに残念なことである。ぜひ日本人のバックパッカーは1泊でいいので旧館に泊まって欲しい、それでこそサムライである。世界各地にあると言われている「伝説の日本人宿」も、時代のうつろいとともに経営者がなくなり、建物も古くなり、おそらく宿も閉鎖していくだろうと思うが、とても嘆かわしいことである。と言って僕もエアコン付きの部屋にしか泊まりたくなくなってることに、歳くった事を感じると同時に、サムライ魂がなくなくっている事が自分で残念だ。今度行った時は旧館のドミトリーに挑戦したい。

「サンテ・ランジャン・ゴンコウバアディアイ」で検索しても何も出てこなかったけど、「shanti ranjan gangopadhyay」で検索するとyoutubeでインタビュー映像が出てきたので貼り付けておく。でもヒンズー語で意味は分からない。


【画像】【地球の歩き方掲載】MEGUCAFEの塩ラーメン

バラナシで地球の歩き方に掲載されている、プルワリ・レストラン&サミ・カフェというとこに行ったんだけど、なんかこの日は表通りでデモがあって度の店も閉店していた。

デモの理由が、労働者の賃金向上とか若者への機会を与えよとかそういうのではなく、宗教的な問題なようだ。毎年年に1回、ガンガーにガネーシャを流すという行事があるらしい。でもそれは実は法律的にはNGなんだけど黙認され続けていたらしい。それがいよいよ今年は警察がNGと言ってさせないことになったらしい。それに対するデモらしい。下手したら本当に暴動に巻き込まれるかもしれないということでどの店も締めているらしい。

プルワリでゆっくりしたかったのだが、どこもやってなかったのでゴールデンロッジで食べるかと思って帰る途中、そういえばメグカフェが近くにあったなと思いだしたのでメグカフェに行くことにした。

これはメグさんの夫さんで、メグさん曰く結婚して12年になるとか。ここは路地裏だけど慌ただしくお店のシャッターを閉めたり開けたりしていた。メグカフェはさすが日本人のメグさんが切り盛りしているだけあって、店内はとてもキレイでした。テーブルもガラスのテーブルでした。メグさんは元々バックパッカーでインドに来たことがって、バラナシが一番よかったと感じていたそうです。インド楽器のシタールを習うためにインドに来ていたらしくて、修行中にこのご主人と会ったと言ってました。


日本食メニューはいろいろあったけど、僕はラーメンが好きなのでこの塩ラーメンを食べることにした。  僕が行った時はお客さんは誰もいなかった。シルバーウィークだから日本人多いんちゃうかと思ってましたけど全然少なくて、やっぱり日本の冬の時期がインドを旅するに適した気候らしく、その時期が一番多いみたいです。

これが塩ラーメン。とスプライト。
東京でラーメン食べまくってる僕からしたら、そりゃ東京のラーメン専門店の味には手も足も出ないですけど、スープは素朴な塩味でした。麺がラーメンの麺じゃないんですよね。ラーメンの麺じゃなくて、スパゲッティの麺みたいな感じでした。

よくインドを旅した人のブログにはメグカフェで癒された的な事書いてますけど、その気持ちめっちゃわかります。メグさんがいるだけで日本に帰ってきたわけじゃないけど、日本人という安心感があってなんか落ち着きますよね。そしてインドカレーしか食べ物がない中で日本食というのはとても貴重です。わずか1週間という短い旅ですが、やはり毎日インドカレーというのはきつい。辛いものばっかりというのは飽きますし、日本人のお腹には刺激が強すぎますよね。

食べログ的な評価をつけると、
味:辛口で申し訳ないけど 2.5
雰囲気:インドの中にあっては 5 です。

店内はWIFIが通っていたので、日本の家族とゆっくりLINE電話させてもらいました。
くつろげる貴重なレストランでした。

↓↓メグさん情報はいろいろあります。
>>インドで見つけた、幸せのかたち
>>読売テレビ インド人と結婚し日本食レストランを切り盛りする久田恵美さん

2015年10月20日火曜日

【動画】【アーグラ】Sai Palace(サイパレス)のスーペリアダブルルームタージビューに泊まった~2~

■サイパレスというホテル名の由来
サイパレスの若頭に聞いたのですが、「サイパレス」 っていうのは、「サイ」の「パレス=宮城」だそうです。「サイ」っていうのは人の名前で、「サティヤ・サイ・ババ」さんを指すとのこと。
>> wikipedia サティヤ・サイ・ババ

なので、このホテルにはサイババの写真がいっぱい飾っていて、若頭もサイババを崇敬しているとのことです。別に怪しい宗教とかではないですよ。僕が子どもの頃はサイババはよく世界まる見えとかの海外を紹介するテレビで登場していて、サイババが誰かの手に触れると、その人の手に銀粉が現れる聖人という印象でした。インドでは多くの崇拝者がいて、このホテルの人たちのようにサイババの教えを取り入れて、ホスピタリティ溢れる心を養っているのです。

高橋歩という旅系の本をいっぱい出版している人は、生のサイババにあった事があるってたしか「毎日が冒険」という本に書いていました。うらやましいです。やっぱり何か持ってるんでしょうね、高橋歩さんも。

サイパレスを訪れる前にちょっとばかしサイババについて調べておくと、ホテルの人たちと盛り上がれるかもしれないですね。ホテルの人は嘘をつかない良い人でしたよ。

サイババの本はいっぱい出てるので、ぜひ1つ買ってインドの神秘に触れてみてください。 あなたの霊性が目を覚ますかもしれません。

■サイパレスの外観


タージマハル南門周辺には安いゲストハウスが沢山あります。
Sai Palaceはその辺では有名なホテルなので、その辺の人に聞いたらすぐ教えてくれます。

■superior double room Taj viewの部屋を紹介

この部屋はサイパレスの一番いい部屋で、屋上に1部屋だけあります。
それでも1000ルピーです。
インドの宿はエアコンが付くとどこも1000ルピーぐらいしてしまいます。
同じ1000ルピーでアーグラに泊まるなら、絶対タージマハルが見えた方がいいですね。
 
ここのベッドが円形で珍しいですね。
カップルや夫婦が泊まったら夜は盛り上がりそうですね。
エアコンもばっちしがんがんに効きます。
それとなんかインドのラジオ?みたいなのが入っていて、四六時中インド音楽を聴くことができました。

せっかくいい部屋だったので、部屋でまったりもしたかったのですが、いかせん1週間という短い期間の旅で、アーグラも例外ではなくつめつめのスケジュールだったのでホテルでは寝るか食べるの時間しかなかったのが残念でした。ホテルの人ともゆっくり喋りたかったのですが。

バラナシで出会った女子2人組はアーグラでのホテルを予約していなかったみたいなので、このサイパレスをおススメしてあげたら、しっかりこの部屋に泊まっていました。 女子の1人はクラブ好きらしく、インド音楽で踊りまくっていたらしいです。
>>Booking.comで最安で予約できました。

↓↓サイパレスの紹介前編(屋上からのタージマハルなど)↓↓
【動画】【アーグラ】Sai Palace(サイパレス)のスーペリアダブルルームタージビューに泊まった~1~ 

【動画】朝、サンタナデリーを出てメインバザールを歩いてみて

■朝のメインバザールがお気に入り


朝のメインバザールって気持ちいいですよ。
昼からどんどんがやがやしてきますけど、朝は比較的静かです。
メインバザールの裏の顔って感じですね。

それに集団で通学するインド人のかわいいかわいい小学生たちが、 足こぎリキシャ―やトゥクトゥクに乗ったりしてるところも風情があります。

そういうのを見ながら、まずはサンタナデリーからメインバザールに出て突き当りにいるチャイ屋さんのチャイを飲む。これがまた旨い。

チャイを飲んで体を温めたら、ぶらぶらしながらインド人の朝食、プーリでも食べましょうか。

この日はブラブラしていたら、日本語を話せる日本人の奥さんがいるという日本に住んでいたというインド人のおっちゃんが声かけてきて、なんかいろいろ案内してくれました。 

2015年10月11日日曜日

【動画】ニューデリーの大人気日本人宿、サンタナデリーの3人ドミトリー紹介

デリーではどこに泊まるか決めていませんでした。5年前に泊まった宿でもいいし、全く知らない所でもいい、歩いて探すのがバックパッカーって思っていました。でもインディラガンディー国際空港に到着して、メインバザールまで行くタクシーで行く日本人がいたので声をかけると、彼はサンタナロッジに泊まるということなので、自分もそれに流されることにした。

メインバザールでタクシーを下されたら、サンタナのインド人スタッフが迎えに来てくれていた。そこでバックパックを持ってくれるというので何も考えずに渡したら、サンタナについたらチップを要求されましたね。しかも200ルピー。空港からここまでのタクシーが400ルピーやのに何で数分バックパック持ってもらっただけで200ルピーやねんって言って、100ルピー渡しました。今思えばあんなもん10ルピーで十分でしたね。

■サンタナデリーの相部屋(3人ドミトリー)



予約なしで行ったので空いてるか心配だったのですが、1部屋の1ベッドだけ空いていました。 早速部屋に行ったのですが、蒸し暑くてびっくり。「え?この部屋で寝るの?」って思いました。5年前まだ20代前半だったときは、全くそんな事思わず、むしろ「安いことがすべて」と思って一度もインドでエアコン付きの部屋なんて泊まったことなかったんですけどね。29歳になって正直エアコンなしはきついですわ。歳いったな~って感じてしまった。屋上でインド人に聞いたところ、雨季はあと2週間ぐらいで終わるみこみとのことでした。雨季が終わって冬場なんかはファンだけでも快適なのかもしれません。

あとこの相部屋、鍵がついていなくですね、正直誰でも自由に入ってくれる状態なんで盗まれないか不安を覚えました。でも5年前まで20代前半だったときは、そんなん一切に気にならずにむしろ「それがドミトリーってもんよ」と思って一1人部屋に泊まったのは数回だったんですけどね。なんか日本の安全感覚で来てしまっている自分が、頭が固くなって柔軟性がなくなってるな~って感じてしまった。

いざ寝る段階になって、この蒸し風呂状態の中で寝れるのか?と思っていたのですが、なんとか寝つけました。 同じ部屋の2人とも屋上でたっぷり喋っていたので、セキュリティーの心配もなく、長い飛行機の疲れを癒すとまでは行かないですけど、まあ普通に寝ることができてよかったです。

■やっぱり安心してしまう日本人宿

日本人宿ってインドの中のオアシスですね。旅行中、儲けようとしてくるインド人と日々接している中で、ここはなんか心の緊張感が自然と解きほぐれる場所です。

それはただ高級ホテルだから安心とか、しっかり部屋に鍵がかかっているから安心という安心感ではなく、同郷の人に会えて、日本の言葉で不自由なく会話できるという、「家」みたいな安らぎを覚える場所なんです。

あなたもインドをこれから旅する、デリーについた初日とか、インドを旅行して疲れてやっと辿り着いたデリーとか、とにかくデリーに来たらサンタナデリーに泊まるといいですよ。(部屋はイマイチやけど)